生活が苦しくなったときは生活保護申請も視野に入れよう

生活が苦しくなったときは生活保護申請も視野に入れよう

受給できるかどうかはともかく生活保護申請自体は誰でも可能

テーブルの上で手を組む

生活保護という言葉を聞いたことがある方は多いでしょうが、実際にどのような制度なのか知っている方というのは少ないです。生活保護というのは簡単に言ってしまえば、現状において生活が立ち行かなくなってしまった方に対して、国が援助を行うという制度の事を言います。生活保護法という法律に基づく国の制度であり、日本国憲法にある、国民が健康で文化的な最低限度の生活の保障の為に、国が支援するものです。そのため日本国民であればだれでも、生活保護申請は可能となっています。ただし生活保護申請が可能ではあっても、実際に生活保護を受けられるかどうかは生活保護が適用される要件を満たしている必要があります。要件については様々なものがあるのですが、まとめると仕事が無くて収入が無く、貯金も売れるような資産も所持しておらず、さらに経済的に支援してくれる家族や親族もいない方といのが生活保護を受けられる人の条件となります。つまり現状においてどうやっても生活していくだけの経済力が無いという方になります。こうした要件を満たしているかどうかについては、生活保護申請を行った後で自治体の福祉事務所が審査を行います。ここで審査が通れば生活保護費が支給されますが、却下になった場合でも再度申請は可能です。

諦めるまえに生活保護申請をしてみよう

様々な事情から就業が難しく親族からの経済的援助も受けられない、貯金も底を尽きかけている、生活が立ち行かなくなってしまっている方は生活保護申請をしてみましょう。もしも生活保護を受けられれば毎月最低限の生活をできるだけのお金が受け取れます。当面の生活費の心配がなくなれば病気の治療などにも安心して集中できますし、困窮した生活を立て直す足掛かりにもなることでしょう。
生活保護申請は地域の福祉事務所で行うことができます。ここでは窓口で現在の就労状況などの聞き込みを受け、申請書に必要事項を記入します。後日ケースワーカーによる扶養してくれる親族がいないかや資産がないかなどの審査が行われ、生活保護を受給できるかが決まります。この最初のステップである窓口へ申請に出向くという行為がどうしてもハードルが高い人は生活保護申請代行サービスを利用してみるのも手です。
手間暇をかけて生活保護申請をしてもどうせ申請が通らないのではないか、担当の人に生活保護を受けようとしていることを叱責されるのではないか等、不安が頭をぐるぐる巡ってしまうかもしれません。ですが実際に生活保護申請が通るかどうかはやってみなければ分からないことです。じりじりと困窮した生活を続けるより、一歩踏み出してみましょう。

生活保護申請は恥ずかしい事ではなく新生活に向けての大切な一歩です

生活保護というと経済力が無くて仕事も出来ないという方を支援する為に支給される物というイメージが強いかもしれません。それ自体は間違いではありませんが、生活保護というのは単に経済的に困窮している方の生活を保障するだけでなく、いずれ経済的に自立してもらう事も目的として支給されるものです。例え病気やけがなどで一時的に仕事ができなくても、そこから復帰した場合には再び働く事は可能になるわけで、それまでの間を国が資金的に援助するという事です。そのため、生活保護を受給するというのは決して後ろ向きな事ではなく、むしろ新しい生活に向けての第一歩として前向きにとらえる事も出来るのです。中には現状で生活に困窮しているのにも関わらず、生活保護申請をする事を恥ずかしいとか後ろめたいとか考えて、生活保護申請を渋る方もいます。しかしそれでは病気を治すために通院したり身体を休めたりできませんし、新しく仕事を探すということも難しいでしょう。それではいつまでたっても経済的に自立するというのは難しくなってしまいます。そうならないためにも早めに生活保護申請して当座の経済的な安定を図り、その上で身体をしっかりと休めて腰を落ち着けて新しい仕事を探すという方がずっと建設的です。

生活保護は、代行業者に依頼することも可能です。【生活保護受給者向け住居支援センター】なら、生活保護申請だけでなく、物件紹介も行ってくれますから、現在住む場所にも困っているという方には特におすすめできます。

Press Release

Contents List