生活が苦しくなったときは生活保護申請も視野に入れよう

生活が苦しくなったときは生活保護申請も視野に入れよう

生活保護申請の流れと重要なポイントは?

横断歩道を渡る

生活保護を受けたいけれど、申請の仕方が分からないため、中々相談に行けない場合は生活保護申請の流れを確認しておきましょう。まず、自分が現在住んでいる地域を管轄している福祉事務所の窓口へ相談に行きます。受給資格にはいくつか条件があり、すべてに当てはまれば受給資格を満たすと判断されます。ただし、あくまで目安なので生活保護受給希望者のその時の状況によって例外も発生します。受給資格を満たさないから生活保護申請を諦めようとはせず、まずは相談にいきましょう。相談に行く場合、いかに困窮しているかの証明となる書類を持っていくことをおすすめします。預金通帳や離職票、障害者手帳など困窮度の証拠を提示することで、生活保護申請がスムーズに進むことがあります。そして、窓口に申請に必要な書類を提出します。受給希望者全員が必ず提出しなければならない書類と、その時の状況に応じて提出しなければならない書類がありますが、人によって必要な書類が異なるので注意しましょう。そして、受給資格があるかどうかの審査と、生活状況や家庭の様子、就業の可否や資産状況などを細かく調査をします。最後に生活保護申請後、原則14日以内に受給可否が決定します。

Press Release

Contents List