生活が苦しくなったときは生活保護申請も視野に入れよう

生活が苦しくなったときは生活保護申請も視野に入れよう

生活保護申請の面接で聞かれること

メモを取る

貧困の深刻化が叫ばれて久しい昨今、生活が苦しいから生活保護を受けたいけれどもし受給していると周囲にバレたら軽蔑されてしまいそうで生活保護申請に行けないとお悩みの方はたくさんいます。それに生活保護申請の手続きはざっと調べただけでとても煩雑に思えて腰が重くなりがちかもしれません。ですが生活保護を受けると生活が送れるだけの金額が受給できるのみならず医療費や各種保険料など様々な支払いが免除されるため、精神的にも余裕をもって暮らすことができるのです。
生活保護の申請では必ず面接を受けます。聞かれるのは主になぜ働けないのか、援助をしてくれる家族や親戚はいないのかといった点です。会話が緊張するという方でも役所の方は慣れているので心配いりません。面接ではとにかく自分が働けないこと、このままでは生活ができないこと、家族や親戚からの経済的援助は無理なことなどを訴えましょう。この面接を受けてから正式に生活保護の申請をすることができます。
あなたが障害を持っており手帳を有している場合、障害者加算を受けることが出来るケースもあります。生活保護申請の際に手帳を有していなくても医師に障害があると診断されれば障害者加算が受けられるので気軽にケースワーカーの方に相談してみましょう。

Press Release

Contents List