生活が苦しくなったときは生活保護申請も視野に入れよう

生活が苦しくなったときは生活保護申請も視野に入れよう

補助金支給を受けるための生活保護申請の一連の流れ

外国人の子供

どのような流れで生活保護申請して補助金の支給を受けられるのか、WEB上で完結をするものではなく、福祉事務所での事前相談から始まります。相談に乗ってくれる生活保護担当に生活保護申請について話を聞くこと、様々な社会保障施策や生活福祉資金なども視野に入れることです。一通りの説明後に生活保護申請をしたら、その場で現金を受け取るわけではなく、いくつかの調査が行われます。実情を把握する必要がありますので、必ず家庭への訪問がありますし、預貯金をはじめ土地や何かしらの不動産はあるか、保険も含めての資産調査も実施です。働いて収入を得ることができるかどうか、仮に仕事をしている場合は収入面も確認をされますし、社会保障給付のことも調べられます。家族などからの仕送りはあるのか、扶養義務者の扶養なども正直に伝えなければなりません。思いのほか調べられることが多いと感じるかもしれませんが、何も問題がなければ支給になります。支給は1度きりというわけではなく毎月ですが、もしも受給中に収入があった場合は、申告を毎月しなければなりません。年間の中で何度かは自宅にケースワーカーが訪れて、調査もすることになります。調査や訪問など厳しい印象もありますが、福祉事務所の担当者もこの制度自体も、生活の苦しい人を支えるサポート役です。

Press Release

Contents List